アイデア風呂敷でエコとコロナ対策を 京都のれん

 7月のレジ袋の有料化に伴い、マイバックの需要が高まる中、よりエコで新型コロナウイルスの感染対策にも適した素材で作った「エコイスト風呂敷」を、布製品メーカー「京都のれん」(京都市中京区)が販売している。

 「エコイスト風呂敷」はペットボトルのリユース素材を99%使用のエコ製品。水洗いが容易で、乾きやすことから、コロナ対策をしながら、好みのデザインでオシャレに商品を包み持ち帰ることが可能だ。

 デザインは、からしレンコンやスイカ、京あめ、プラネタリウムなど9種類あり、サイズも100×98センチ(税込み3300円)と70×68センチ(2200円)の2タイプある。

 同社の村元計紀代表(40)は「清潔に楽しみながらエコ活動をしてもらえれば」と話している。

 購入は、「京都ふろしきドットコム」(kyofuroshiki.com)のホームページから可能。問い合わせは075・254・2354。

会員限定記事会員サービス詳細