日韓首脳電話会談 首相が記者団に説明

韓国の文在寅大統領との電話会談を終え記者団の質問に答える菅義偉首相=24日午前、首相官邸(春名中撮影)
韓国の文在寅大統領との電話会談を終え記者団の質問に答える菅義偉首相=24日午前、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は24日午前の日韓首脳電話会談後、記者団の取材に応じた。主なやりとりは以下の通り。

--文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談は、どのような内容が話し合われたか

「先ほど、文韓国大統領と初めての電話会談を行いました。大統領からは、首相就任への祝意がありました。私からは、新型コロナ問題をはじめ、さまざまな課題にともに取り組んでいこうと、そうした旨の話をしました。

そして、日韓両国はお互いにとって極めて重要な隣国であり、北朝鮮問題をはじめ、日韓、日米の連携は重要であると思ってます。文大統領には、旧朝鮮半島労働者問題をはじめとして、現在非常に厳しい状況にあるこの両国関係。このまま放置してはならない旨、私からは伝えました。

本日の会談を踏まえて、さまざまな問題に関するわが国の一貫した立場に基づいて、今後とも、韓国に適切な対応を強く求めていきたい、このように思ってます」

--改善の兆しや手応えなどはあったか

「今、私が申し上げた通りであります」