警察大学校の入校生が感染 120人が自宅や寮待機

 警察庁は19日、警察大学校(東京都府中市)に入校している20代の男性警察職員が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。警察大学校内で感染が確認されたのは初めて。感染拡大防止の自主的な措置として、大学校職員や入校生計約120人を自宅と寮待機にしている。

 同庁によると、男性警察職員は16日の授業後に38度台の発熱が確認された。17日に医療機関を受診してPCR検査を受け、18日に陽性と判明した。発熱は続いているが、症状は安定しているという。全国の警察職員では、17日時点の集計で229人の感染が確認されている。

会員限定記事会員サービス詳細