現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

菅首相は速やかに改憲に着手を 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

職員らに拍手で見送られる安倍晋三首相。後方中央は菅義偉氏=16日午後、首相官邸 (寺河内美奈撮影)
職員らに拍手で見送られる安倍晋三首相。後方中央は菅義偉氏=16日午後、首相官邸 (寺河内美奈撮影)

難病の再発のため辞任した安倍晋三前首相に代わって、菅義偉前内閣官房長官が首相に就任した。

第1次安倍政権で国民投票法を制定し、第2次政権下では5回の国政選挙に連戦連勝し、憲法制定後70年目にして初めて衆参両院で3分の2以上の「改憲勢力」を実現したのは安倍氏である。

また、政治家としてただ願望を語るだけでなく、一歩でも二歩でも着実に改憲を進めるため、苦渋の選択の結果、「自衛隊の憲法明記」を訴えたのも安倍氏であった。

ランキング

  1. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  2. 【正論】いま求められる英国の指導者像 日本大学教授・松本佐保

  3. 【主張】中国の軍事演習 国交記念行事を中止せよ

  4. 【一筆多論】露の残虐、77年前も今も 遠藤良介

  5. 【正論】民社党にみる戦後政治の「不運」 社会学者、関西大学東京センター長・竹内洋

  6. 【スポーツ茶論】高校野球改革「大谷頼みだけでは」 津田俊樹

  7. 【正論】もともと日本に存在しなかった「個人主義」の呪縛から脱出せよ 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

  8. 【ソロモンの頭巾】長辻象平 温暖化と白熊 「頭数増加」とカナダの女性研究者

  9. 【主張】安倍元首相銃撃 テロ事件の肯定を許すな

  10. 【一筆多論】「南米の鉄の女」が中国礼賛、あなたもか 長戸雅子

会員限定記事