江戸川区児相が児童記録を紛失 - 産経ニュース

メインコンテンツ

江戸川区児相が児童記録を紛失

 江戸川区児童相談所は15日、事務所に保管していた1人分の「児童記録綴(つづり)」を紛失したと発表した。児童や保護者とのやりとりの記録などがまとめられており、通常、外部に持ち出すことはない書類で、児相は盗難か誤廃棄の可能性があるとみている。

 児相によると、児童記録は6月27日に職員が閲覧し、別の職員が7月10日に閲覧しようとして紛失に気付いた。事務所内を捜索したが見つからず、8月13日に小松川署に盗難の可能性があるとして相談。今月、児童の保護者に謝罪したという。

 児童相談所の上川光治所長は「今後の文書の管理方法などを見直し、再発防止の徹底を図る」とコメントした。