しずおか・このひと

男子走り幅跳びで20年ぶりに高1歴代記録を更新 東海大翔洋高・深沢瑞樹さん(15)

深沢瑞樹さん
深沢瑞樹さん

 新型コロナウイルスの影響で高校生らの部活動が制限される中、7月18日にエコパスタジアム(静岡県袋井市)で開催された静岡県高校総体の代替大会で、東海大翔洋高校1年の深沢瑞樹さん(15)が男子走り幅跳びで20年ぶりに高1歴代記録を塗り替える7メートル67をマークし優勝した。陸上競技を始めてわずか3年で、これまでの記録を一気に12センチも更新した。コロナ禍での転居と進学という環境の変化を乗り越え、ルーキーが今後の成長も含めて熱視線を集める。(田中万紀)

 --高1歴代記録を塗り替えた跳躍の手応えは

 「感覚的に、いつもよりうまくできたな、自己ベストくらいは跳べたかな、と思いました。助走のリズムがはまった感じです。記録を見て、思ったより跳べていたのでうれしかった。今年の目標が高1記録の7メートル55を超えることだったので、それが達成できました。次は記録を安定させ、(日本選手権の参加標準記録Aの)7メートル75を高1のうちに跳びたいです」

 《身長182センチという恵まれた体格に、大きな大会でも緊張感を楽しむことができる前向きな性格。指導する同校陸上部の菅間友一顧問が「現在の高校記録8メートル12を超えられるかもしれない」と太鼓判を押す逸材だ》

 --陸上を始めたきっかけは

 「山梨県早川町の中学校は全校生徒20人で、部活は3つしかなかった。運動も陸上も全くやったことがなかったのに、友達に誘われて陸上部に入りました。種目はいろいろ経験してから選ぶんですけど、最初に幅跳びをやってみたら、コーチに『これはいいんじゃないか』と言われて決めました」

 《中学時代の記録は全国2位の7メートル23。中3時の全国大会で3位入賞し、さらなる高みを目指して東海大翔洋高への進学を決め、一家で静岡市に移住した》