宮島醤油、岩下の新生姜とコラボ 鍋スープとカレー販売 栃木

 東日本の拠点工場を宇都宮市に置く宮島醤油(佐賀県唐津市)が、栃木県の味とコラボした新商品を売り出した。

 新商品は岩下食品(栃木市)とのコラボで、とびうおの旨みと生姜の風味を生かした「岩下の新生姜寄せ鍋スープ焼きあご仕立て」(600グラム、税抜き希望小売価格400円)と、キーマカレー風の「岩下の新生姜カレー」(180グラム、360円)。

 また、宇都宮餃子会と組んで2年前から展開している「餃子の具シリーズ」の3商品(カレー、スープ、まぜご飯の素)は、包装をリニューアルした。

 宮島醤油は「コラボ商品の書体を統一することで、地域の食材を活用する『地産地工』を前面に打ち出したい」としている。5商品は売り上げの一部を日本赤十字社に寄付するという。(山沢義徳)

会員限定記事会員サービス詳細