群馬県、10月末に相談窓口設置へ ネット中傷被害者を支援 - 産経ニュース

メインコンテンツ

群馬県、10月末に相談窓口設置へ ネット中傷被害者を支援

 群馬県は10日、インターネット上の悪質な投稿による誹謗(ひぼう)中傷の被害者の相談を一元的に受け付ける専用窓口を10月末に設置すると明らかにした。設置費400万円を9月補正予算案に盛り込んだ。

 相談窓口を県生活こども課内に置き、この問題に詳しい相談員を配置。電話や対面で相談に応じ、メールにも対応する。

 悪質な事案は、弁護士が投稿の削除手続きや加害者の特定など法的な助言を行う。被害者の精神的なダメージが深刻な場合も想定し、臨床心理士が心のケアに当たるほか、県こころの健康センター(前橋市)とも連携する。相談は無料だが、回数制限を設ける。

 また県は、「インターネット上の誹謗中傷被害者支援条例」を全国で初めて制定する方針だ。既に「被害者支援」と「ICT(情報通信技術)リテラシー向上」を2本柱とする骨子案をまとめ、県議会に提案した。今後、専門家を交えた検討を加速させ、年内制定を目指す。