平壌の30万人が志願 台風被害復旧作業に、金氏号令で

5日、台風9号の被災地を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
5日、台風9号の被災地を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、金正恩朝鮮労働党委員長が首都平壌の党員に対し、台風9号で大きな被害が出た同国東部の咸鏡北道、咸鏡南道の復旧作業参加を呼び掛けたのに対し、6日だけで30万人以上が志願したと伝えた。

 金氏は5日、被災地を訪れ、安全対策に不備があったとして党の咸鏡南道委員長を解任する一方、平壌の党員1万2千人でつくる支援団を組織し、被災地に派遣する考えを表明した。

 北朝鮮メディアは7日、台風10号への警戒を呼び掛け、朝鮮中央テレビは朝から放送を開始。日本海沿岸など各地から大雨や強風の様子を伝えた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細