正論10月号

チャイナ監視台 五つの火薬庫と五できたら危ういバイデン米政権 産経新聞ワシントン支局長 黒瀬悦成

うバイデン前副大統領(左)と副大統領候補のハリス上院議(ロイター=共同)
うバイデン前副大統領(左)と副大統領候補のハリス上院議(ロイター=共同)

 ※この記事は、月刊「正論10月号」から転載しました。ご購入はこちらをクリックへ。

 「トランプさんが再選されると大変だ。でも、もし民主党が政権を取ったらもっと大変になる」

 今年に入り、ワシントンの友人や知人と十一月三日実施の米大統領選について意見交換をしていると、このような感想を頻繁に耳にする。そして、その含意と真剣味(または深刻度)は、少し前と今とでは相当違ってきているように思える。

 例えば、年初から三月にかけての民主党候補指名争いで急進左派のサンダース上院議員の躍進が注目されていた頃は、「サンダース大統領」の誕生で米国が急速に左旋回することの影響が心配された。ただ、仮にサンダース氏が民主党候補になっていれば、穏健派の民主党支持者や無党派層が同党を見限り、共和党のトランプ大統領の再選にはむしろ有利となったはずだ。

 一九七二年の大統領選では、再選を目指す共和党のニクソン大統領が、ベトナム反戦運動を背景に「軍事費削減」や「大麻合法化」を唱えた左派の民主党候補、マクガバン上院議員に完勝した。トランプ陣営は、年初の時点ではサンダース氏が勝ち上がってくることを見越し、今回の大統領選を「民主主義対社会主義の戦い」と位置付ける選挙宣伝を展開して効果を上げていただけに、トランプ氏対サンダース氏の対決になっていれば、七二年選挙の再現となっていた可能性は高かった。

 しかし実際の選挙の構図は、八月十七~二十日に開かれた民主党全国大会、二十四~二十七日の共和党全国大会を経て、共和党のトランプ氏と民主党のバイデン前副大統領が対決することが確定した。

 バイデン氏は、民主党内の左派勢力からの選挙協力を取り付ける思惑から、最近は左傾化した発言が目立ち、「私は史上最も進歩的(プログレッシブ)な大統領になる」などと表明しているものの、元来は穏健派に位置付けられる政治家だ。それだけに、トランプ陣営としては「民主主義対社会主義」の構図をそのままバイデン氏攻撃に持ち込んでも、有権者には響かない恐れがある。

 一方、バイデン氏の「相棒」である民主党の副大統領候補に指名されたカマラ・ハリス上院議員は、急進左派勢力の代表的な主張である「国民皆保険制度の導入」を支持し、総額三十二兆ドルを要する医療保険制度改革法案をサンダース氏らと共同提出したほか、経済活動を停滞させる極端な環境保護政策「グリーン・ニューディール」への支持を表明。米国内の不法移民を摘発する国土安全保障省傘下の移民・関税執行局(ICE)を、白人至上主義団体「クークラックスクラン」(KKK)になぞらえるなど、急進左派に寄り添う立場を鮮明にしている。