埼玉県庁で初の感染者

 埼玉県の大野元裕知事は3日の記者会見で、県労働委員会事務局に勤める40代の女性職員が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。同県職員の感染判明は初めて。

 県によると、女性職員は8月31日にのどの痛みなどを訴え、9月1日にPCR検査を受診、陽性と判明した。県民と接触する業務には携わっていなかったという。

会員限定記事会員サービス詳細