「鉄印帳」が人気、苦境の三セク鉄道「うれしい誤算」 

「鉄印帳」が人気、苦境の三セク鉄道「うれしい誤算」 
「鉄印帳」が人気、苦境の三セク鉄道「うれしい誤算」 
その他の写真を見る (1/2枚)

 寺社をめぐって御朱印を集める「御朱印帳」ならぬ、地方にある第三セクター鉄道の駅を回って鉄印を集める「鉄印帳(てついんちょう)」が人気だ。新型コロナウイルスの感染拡大下でも「混んでいないから行きやすい」と、鉄印を求めて旅に出る人も多いといい、乗客の少ない苦境を逆手に取った形だ。全国的に第三セクター鉄道の経営難が続く中、新たな乗客の掘り起こしが期待がされている。(小泉一敏)

 鉄印帳は、「第三セクター鉄道等協議会」に加盟する40社が1冊2200円で販売。各社の主要な駅の窓口で鉄印帳と乗車券を提示した上で、記帳料(300円から)を払えば、鉄印をもらえる。全社の鉄印を集めると、希望者はシリアルナンバー入りの「鉄印帳マイスターカード」(千円)を購入できる。

 各社の収益改善を目的に7月10日から販売を始め、約1カ月で5千部あまりを完売したため、急遽(きゅうきょ)1万部を増刷した。「これほどの人気があるとは思いませんでした。うれしい誤算です」。同協議会の本棒(ほんぼう)公二事務局次長は思わぬ反響に喜ぶ。

 人気の秘密は、各社が工夫を凝らしたバラエティー豊かな「鉄印」だ。社長が1つずつ直筆で描いたり、季節ごとに異なる図柄を用意したりする会社もあり、本棒さんは「『集める楽しみ』を感じやすく、鉄道ファン以外の層にもローカル線への関心を持ってもらうきっかけになっているのでは」と分析する。

 新型コロナの影響で減少した乗客数の回復にも、一役買っている。「かねてからある『乗客が少ない』というイメージが、コロナ下でも行きやすいようだ」と本棒さん。