潰瘍性大腸炎って? 原因不明、がんリスクも

 安倍晋三首相の持病「潰瘍(かいよう)性大腸炎」は原因不明の難病で、国内には20万人以上の患者がいるとされる。免疫機能が過剰に働くことが関連しているとみられ、発症すると、大腸の粘膜が炎症を起こしてただれ、潰瘍ができるなどする。症状を和らげる薬はあるが、根本的な治療法はなく、再発を繰り返すことも多い。

 順天堂大の石川大准教授(消化器内科)によると、主な症状は下痢や腹痛、発熱などで、1日に何度もトイレに駆け込むなど生活上の支障も生じる。悪化すると、強い腹痛を伴って血便を繰り返し、貧血や全身の倦怠(けんたい)感を伴うこともある。長期化すると大腸がんのリスクも高まるといわれている。

 症状は服薬などで抑えることは可能で、治療では再発させないことが重要になる。ただ、ストレスなどが原因となり、症状をぶり返すことも少なくない。

 石川准教授は「病状が進むと、移動や一定の場所にとどまって仕事をすることが難しくなる。患者は強い精神的ストレスにもさらされ、さらに病気を悪化させてしまうこともある」と説明。再発後は新たな治療を加えるなどの対応が必要になるという。