JR東海社長、変動制運賃の導入を否定「需要コントロールできず」

記者会見するJR東海の金子慎社長=27日、東京都千代田区
記者会見するJR東海の金子慎社長=27日、東京都千代田区

 JR東海の金子慎社長は27日の定例記者会見で、JR東日本と西日本が検討を明言しているラッシュ時に運賃を上げてピークの分散を図る変動性運賃や終電の繰り上げについて、「具体的な検討に入っているわけではない」と否定的な考えを示し、JR東西との違いを強調した。

 金子氏は「(ピークを)分散して乗ってもらうのが望ましいのは理解している」と述べ、JR東西が変動性運賃を導入しようとしていることについて理解を示した。ただ、「運賃(の見直し)によって、どうしても動かないといけないお盆や正月の需要をコントロールできるのかは、議論の余地がある」とも述べ、変動性運賃でピークを分散する効果については疑問を呈した。

 終電の繰り上げについては、JR東西が在来線などの終電を繰り上げると乗り継ぎのために東海道新幹線も繰り上げるなど影響が及ぶ可能性もあることから「不便になる形で繰り上げるのは、われわれにも利用者にも困る」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細