河井夫妻、初公判詳報

(2)「なりふり構わず選挙運動」検察側、次々実名読み上げ

河井前法相夫妻の初公判で、傍聴券を求め東京地裁前に並ぶ人たち=25日午前、東京・霞が関
河井前法相夫妻の初公判で、傍聴券を求め東京地裁前に並ぶ人たち=25日午前、東京・霞が関

《昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、地元議員や首長ら100人に票の取りまとめを依頼し報酬に現金を渡したとして、公選法違反の罪に問われた前法相で衆院議員、河井克行被告(57)=広島3区=と妻で参院議員、案里被告(46)=広島選挙区=の初公判は、検察官の冒頭陳述に移った》

《新型コロナウイルス感染防止のため、克行被告と案里被告、そして裁判官もマスクを着用して公判に臨んでいる。傍聴席には間隔を空けるため「不使用」と張り紙された座席も目立つ中、傍聴者らが検察官の陳述に聞き入った》

《冒頭陳述では、まず2人の経歴が読み上げられた。そして、昨年7月の参院選当時の状況へと進んでいく》

検察官「被告人克行は、選挙運動全般を取り仕切る立場にあった」

《克行被告について「案里被告の選挙を総括主宰した」とする検察官。その主張を補強するように、克行被告の仕事ぶりに言及していく》

検察官「遊説場所を指定し、活動の工程表を提出させていた」

「(有権者に投票を呼び掛ける)電話作戦では、重点的に電話をかける地域を指示していた」

「多額の支払いについては、自らの了承を得た上で支払わせていた」

「自ら入手した団体の名簿を渡し、電話をかけさせていた」

《冒頭陳述を通して検察官は、克行容疑者が選挙運動でリーダーシップを発揮していた様子を浮かび上がらせていく》

《昨年7月の参院選では、自民党本部が改選2議席の独占を狙い、党広島県連の主流派が推す現職の溝手顕正氏に加え、県議だった河井案里被告を擁立。ただ、案里被告は県連の支援を得られなかった》

会員限定記事会員サービス詳細