河井夫妻が無罪主張 公選法違反初公判 

河井夫妻が無罪主張 公選法違反初公判 
河井夫妻が無罪主張 公選法違反初公判 
その他の写真を見る (1/2枚)

昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた前法相で衆院議員、河井克行被告(57)と妻で参院議員、案里被告(46)の初公判が25日、東京地裁(高橋康明裁判長)で始まった。夫妻はいずれも起訴内容を否認し、無罪を主張した。

起訴状によると、克行被告は昨年3月下旬~8月上旬、参院選の票のとりまとめを依頼する目的で地元議員ら100人に計約2900万円を渡し、案里被告もこのうち5人分の計170万円を克行被告と共謀して渡すなどしたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細