河井夫妻、初公判詳報

(1)そろって現金配布の趣旨否定「投票依頼ではない」

(左から)河井克行被告、河井案里被告
(左から)河井克行被告、河井案里被告

《昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、地元議員や首長ら100人に票の取りまとめを依頼し報酬に現金を渡したとして、公選法違反の罪に問われた前法相で衆院議員、河井克行被告(57)=広島3区=と妻で参院議員、案里被告(46)=広島選挙区=の初公判が25日、東京地裁(高橋康明裁判長)で始まった》

《国の法務行政をつかさどる法務省トップとその妻による、前代未聞の大型買収事件。総額2900万円が動いたとされる手法は、選挙と政治に対する社会の信頼を大きく揺らがせた》

《公判の主な争点は現金配布の趣旨だ。関係者によると、克行被告は現金配布の大半を認めた上で「買収の意図はない」などと供述しているという。一方、東京地検特捜部は「票の取りまとめを依頼する趣旨だった」と判断し、起訴。法相経験者が逮捕、起訴されたのは戦後初とみられる。夫妻は罰金刑以上が確定すれば、当選無効や公民権停止で失職する》

《地裁はすでに、初公判や証拠調べなどの公判期日を12月18日までに計55回指定した。公選法の規定で、公判は起訴から100日以内に判決を言い渡すよう努める「百日裁判」の対象となっている。ただ、被買収者だけで100人に及ぶため、公判では相当数の証人尋問が行われる。このため本来ならば10月中旬が判決となる計算だが、実際には越年する見通しで、年度内も難しいとの見方もある》

《この日は新型コロナの感染拡大の影響で傍聴席が限られる中、一般傍聴席23席に対し、429人の傍聴希望者が集まった。開廷前には地裁周辺に大勢の人が列をなし、傍聴席の抽選を待っていた》

《午前10時すぎ。法廷のドアが静かに開き、2人の刑務官とともに克行被告が入廷した。夫妻は逮捕された6月18日以降、東京拘置所での勾留が続いている。克行被告はネクタイはせず、ダークスーツに黒縁メガネ、マスクを着用。入廷時に一礼し、傍聴席を見渡しながら着席した》

会員限定記事会員サービス詳細