【米大統領選】トランプ氏「暗黒時代」批判に反論 「民主党政権なら混沌」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

米大統領選

トランプ氏「暗黒時代」批判に反論 「民主党政権なら混沌」

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は21日、首都ワシントン近郊での保守系集会で演説し、民主党大統領候補のバイデン前副大統領が指名受諾演説でトランプ政権下の現状を「暗黒時代」と非難したのに対し、「もし民主党が(大統領選で)勝利したら、誰も安全でいられなくなる」と反論した。

 トランプ氏は、政権の新型コロナウイルス対策や人種政策への攻撃に終始した民主党全国大会を「米史上最も暗く、怒りに満ち、陰鬱な大会だった」と酷評。民主党系が市長を務める一部大都市で過激勢力の暴動が続いている問題で「アメリカン・ドリームを(民主党政権による)無政府状態や狂気、混沌から守れるのは私だけだ」と訴えた。

 トランプ氏は、バイデン氏の演説で対中政策への言及がなかったとし、「バイデン氏が当選すれば中国が米国を所有することになる。そうはさせない」とも強調した。