正恩氏、経済不振認める 来年1月の党大会で出直し、北朝鮮

19日、朝鮮労働党中央委員会総会に出席した金正恩党委員長(中央)=平壌(朝鮮中央通信=共同)
19日、朝鮮労働党中央委員会総会に出席した金正恩党委員長(中央)=平壌(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、朝鮮労働党中央委員会総会が19日に開かれ、来年1月に党大会を招集することを決めたと報じた。金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は、新たな国家経済発展5カ年計画を党大会で示すと表明した。

 金氏は党と国家事業の欠陥も指摘し、総会決定書の形で、著しい経済不振と成長目標の未達を認めた。

 決定書は「厳しい内外情勢が続き、予想外の挑戦が重なり、経済事業を改善できなかった」と説明。さらに「国家経済の成長目標が甚だしく未達成となり、人民生活が目に見えて向上し得ない結果も生じた」と厳しい現状認識を示した。

 党の最高指導機関に位置付けられる党大会の開催は2016年5月以来、約5年ぶりとなる。前回の党大会では核開発の推進のほか、国家経済発展5カ年戦略を掲げ、今年10月の党創建75周年までの経済目標の達成を目指してきた。

 だが、国際社会の制裁に加え、今年は新型コロナウイルス対策による国境封鎖や水害が経済を直撃した。経済政策の失敗を事実上、認めたことになる。

 停滞したままの米朝交渉や、核・ミサイル開発についての言及は伝えられなかった。米国が今年11月に大統領選を控えていることから、結果を見定めてから外交路線を仕切り直す思惑もうかがえる。

 次回の党大会では、党の事業総括に加え、党規約の改正や党中央指導機関の選挙を行う見通し。金氏は今後、定期的に党大会を招集する方針も示した。

会員限定記事会員サービス詳細