群馬 伊勢崎・華蔵寺公園遊園地で遊具事故 当面休園 - 産経ニュース

メインコンテンツ

群馬 伊勢崎・華蔵寺公園遊園地で遊具事故 当面休園

 群馬県伊勢崎市は20日、華蔵寺公園遊園地(同市)で13、14の両日に丸太のボートで水路を滑り落ちる遊具「急流すべり」を利用した女性2人が負傷する事故が起きたと発表した。急流すべりは15日から運休。全遊具の安全点検のため、20日から当面休園することを決めた。

 遊園地によると、ボートは車輪付きで、落差約10メートルを滑り落ちる。13日正午ごろと14日午後1時ごろにそれぞれ利用した25歳と30代の女性が激しく揺れるボートに体を打ち付け、肋骨(ろっこつ)にひびが入ったり、首、肩、腕を痛めたりした。

 水路の水位低下が原因でボートの速度が下がらなかったとみられ、詳しく調べている。女性の1人から連絡を受けた県警が19日、現場の状況を確認したという。