現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

8月19日

 デスバレー(死の谷)とは、何とも恐ろしい名前を付けたものだ。米カリフォルニア州の砂漠地帯にある長野県とほぼ同じ大きさの国立公園である。「さらば死の谷よ」。かつてこの谷に迷い込んだ人が、命からがら脱出した際に残した言葉を由来とする(『世界のデンジャー・スポット』)。

 ▼今月16日になんと54・4度まで気温が上がった。もともと107年前に56・7度を記録して、「世界一暑い場所」として知られている。公園の職員が地面に置いたフライパンで目玉焼きを作った映像を動画サイトに投稿して、話題になった。

 ▼日本列島に目を移すと、意外な都市が最高気温で名乗りを上げた。ギョーザの購入額で宇都宮市と毎年しのぎを削っている浜松市である。17日に2年前の埼玉県熊谷市と並ぶ国内史上最高タイの41・1度を観測した。

ランキング

  1. 【一筆多論】国葬反対派に透けてみえる邪心 社民も水面下で影響力 坂井広志

  2. 【正論】現実を直視しない日本が心配だ 龍谷大学教授・李相哲

  3. 【産經抄】10月4日

  4. 【風を読む】猪木さんの素顔 馬場さんとの関係は? 論説副委員長・別府育郎

  5. 【沖縄考】ハーフ牧師の波乱万丈人生 壮絶ないじめ、教員の侮辱… 那覇支局長・川瀬弘至

  6. 【主張】ルビーロマン 「本家」の知的財産を守れ

  7. 【主張】首相の所信表明 国難の危機感伝わらない

  8. 【スポーツ茶論】忘れられた「天才少年」の育成に学ぶ 北川信行

  9. 【主張】防衛力有識者会議 「水増し」では有事を招く

  10. 【ポトマック通信】ここは鉄道後進国?

会員限定記事