大阪・ミナミの一部休業要請、20日に終了へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪・ミナミの一部休業要請、20日に終了へ

大阪府の時短・休業要請で、多くの店が閉店時間を早めた大阪・ミナミの道頓堀=6日午後、大阪市中央区(彦野公太朗撮影)
大阪府の時短・休業要請で、多くの店が閉店時間を早めた大阪・ミナミの道頓堀=6日午後、大阪市中央区(彦野公太朗撮影)

 大阪府の吉村洋文知事は18日、新型コロナウイルスの感染再拡大に伴い、大阪市の繁華街・ミナミで接待を伴う飲食店などを対象とした休業要請を、期限としていた20日で終える方針を明らかにした。記者団に「若い世代での感染拡大は右肩上がりになっていない。成果は一定程度出ている」と述べた。

 一方で「油断したら(感染が)広がる」として、5人以上の飲み会については引き続き自粛するよう求める考えを示した。また重症化リスクが高い高齢者らの間で感染者が増えつつある傾向を踏まえ、早めの受診を呼びかけるとした。19日に府の対策本部会議を開き、今後の対応を決める。

 府は7月31日の対策本部会議で、8月6~20日の限定措置として、御堂筋や千日前通(どおり)などに囲まれたエリアにある飲食店のうち、感染症対策を取っていないバーやクラブといった飲食店に休業を要請。対策済みの飲食店には午後8時までの時短営業を求めていた。