大阪「うめきた」に人骨1500体 江戸~明治期、庶民埋葬

大阪「うめきた」に人骨1500体 江戸~明治期、庶民埋葬
大阪「うめきた」に人骨1500体 江戸~明治期、庶民埋葬
その他の写真を見る (1/3枚)

 大阪市教育委員会と市文化財協会は13日、JR大阪駅近くの大深町(おおふかちょう)遺跡(大阪市北区)で、江戸時代末期から明治時代の1500体を超える埋葬人骨を発見したと発表した。付近は大阪に7カ所あった大坂七墓(ななはか)の一つ「梅田墓」で近松門左衛門の「曽根崎心中」にも登場するという。

 大庭重信・市文化財協会東淀川調査事務所長は「これほど多くの人骨が見つかるのは珍しい。埋葬されたのは都市を支えた庶民。当時の埋葬の風習や生活環境を明らかにする手掛かりになる」と話している。

 副葬品が多くないことから庶民の墓とみられるが、子供や30代ぐらいの若い人の骨、病変がある骨も多く、疫病などで亡くなった人をまとめて埋葬した可能性もある。

 場所は再開発地区「うめきた」の一角。人骨は屈葬の状態で、浅い穴に埋められたり、土をかけられたりしただけの状態のものもあった。7、8体をまとめて埋葬した穴もあった。

 副葬品は、かんざし、くし、きせる、土人形、江戸時代の金貨・二朱金など。埋葬された馬のほか、蔵骨器に入った猫の骨も見つかった。

 また墓地を区切る石垣や、納骨堂の可能性がある建物跡も見つかった。現地説明会は開かれない。

会員限定記事会員サービス詳細