現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

戦後75年に思う 靖国に再び賑わいと首相参拝を 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

百地章氏(宮川浩和撮影)
百地章氏(宮川浩和撮影)

≪静まり返る靖国神社の社頭≫

中国・武漢発の新型コロナの感染が拡大する中、4月の靖国神社春季例大祭には勅使の奉幣はあったが、ご遺族らの参列はなく、境内は静まり返っていた。

また、例年、大・小約3万個以上の献灯に包まれ、多くの若者たちで参道が溢(あふ)れ返る7月のみたままつりも本年は中止となり、参道にはほとんど人影さえなかった。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】世界を巻き込む台湾有事

  2. 【正論】平和のための軍事研究は必要だ 防衛大学校教授・神谷万丈

  3. 【産経抄】8月18日

  4. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 英霊の嘆きが聞こえてくるで

  5. 【浪速風】霊感商法、今こそ根絶を

  6. 【主張】タリバン復権1年 「テロの温床」は許されぬ

  7. 【主張】五輪元理事の逮捕 不正の構図の解明を急げ

  8. 【主張】政治と旧統一教会 疑惑の教団と一線を画せ

  9. 【スポーツ茶論】MLB 観客2488人の衝撃 津田俊樹

  10. 【正論】突如一丸となる米の特性理解を 元駐米大使・加藤良三

会員限定記事