長崎原爆の日 安倍首相「核なき世界、変わらぬ使命」

「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」で献花する安倍首相=9日午前、長崎市の平和公園
「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」で献花する安倍首相=9日午前、長崎市の平和公園

 安倍晋三首相は9日、長崎市松山町の平和公園で「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」に出席した。首相はあいさつで、長崎が75年前の原爆被害から復興を遂げたことを強調し、現在の新型コロナウイルスの感染拡大について「乗り越えられない試練はないこと、そして、平和の尊さを強く感じる」と述べた。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、参列者は例年の約10分の1に絞られ、市民ら約500人が参加。田上富久市長らが挨拶し、献花が行われた後、原爆投下時刻の午前11時2分に黙祷がささげられた。

 首相は挨拶で「本年は被爆75年という節目の年。『核兵器のない世界』の実現に向けた国際社会の努力を一歩一歩、着実に前に進めていくことは、わが国の変わらぬ使命」と改めて決意を語った。

会員限定記事会員サービス詳細