コロナ宿泊施設から無断帰宅 大阪の男性「衛生面が良くなかった」

大阪府庁
大阪府庁

 大阪府は8日、新型コロナウイルスに感染し大阪市住之江区の宿泊施設「大阪アカデミア」で療養中の30代男性が7日未明に無断外出し、府内の自宅に戻っていたと発表した。保健所の判断で、男性はそのまま自宅療養に切り替えた。男性は「宿泊部屋の衛生面が良くなかったので帰宅した。ご迷惑を掛けて申し訳ない」と話したという。

 この施設では3日にも別の男性が無断外出し、近くの商店で食品を買っていたことから、府は警備体制を強化する方針を決めていた。吉村洋文知事は「外に出て人にうつさないことと、本人の健康管理という趣旨をご理解いただきたい」と府庁で記者団に話した。

 府によると男性は6日夕に入所。7日午前から看護師が健康観察のため繰り返し携帯電話を鳴らすなどしたが応答せず、夜に家族と連絡が取れ、自宅に戻って寝ていたことが判明した。