竜星涼が「お笑い第7世代」を脱力で徹底解説!?

笑いを堪える眼鏡姿の竜星涼 (C)フジテレビ
笑いを堪える眼鏡姿の竜星涼 (C)フジテレビ

 俳優の竜星涼(27)が、7日放送の「全力!脱力タイムズ」(金曜後11・0)にお笑い芸人の土屋伸之(ナイツ)と共にゲスト出演する。

 世界各地の最新ニュースなどを有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず脱力するような切り口で解説する新感覚のニュースバラエティー。オープニングから早速迷走する。

 「この番組の視聴者は全員80代以上で、竜星さんを知っている人は一人もいない」とメーンキャスターのアリタ哲平(くりぃむしちゅー・ 有田哲平)。そこで、全力解説員の出口保行と齋藤孝が竜星のプロフィールを紹介するが、別人と勘違いしているのか、意味不明な解説を始める。だが、なぜか竜星はそれを全面的に認め、うなずきながら聞き入る。あきれる土屋…。

 特集テーマは、若手芸人のめざましい活躍でブームとなっている「お笑い第7世代」。その定義などの補足説明をアリタが土屋に求めるが、土屋が話し始めると竜星がそれをさえぎり、アリタの質問にすべて正確に答えていく。俳優である竜星が自分よりもはるかにお笑いに詳しい…土屋は立つ瀬がない。

 そして、土屋以外が第7世代の魅力を味わい尽くし、最後は竜星も大ファンだという、ある兄弟漫才コンビが登場する。

 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」、「アンナチュラル」「テセウスの船」(いずれもTBS系)、「同期のサクラ」(日テレ系)などヒットドラマに出演。同日公開の映画「ぐらんぶる」で主演も務めている竜星は収録後、「なかなかの緊張感。視聴者として拝見しているときは、ちょっと失礼な言い方かもしれないが、もっとゆる~い感じでやっている番組なのか、と。でも実はちゃんと台本もあるし、それぞれの役割も決まっていて、しかも今回、僕のせりふは説明が多くて覚えるのも大変でした」と笑いながら初出演を振り返った。

 見どころはズバリ、「慣れないことをやっている竜星涼。変なことを言っている、いや、言わされている僕の姿を見てほしい」と話していた。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細