ゲッターズ飯田、再び降臨 2組の女性に開運アドバイス

2度目の登場となるゲッターズ飯田(C)フジテレビ
2度目の登場となるゲッターズ飯田(C)フジテレビ

 5日放送のフジテレビ系「突然ですが占ってもいいですか?」(水曜後10・0)は、人気占い師のゲッターズ飯田が初回SP(4月15日)以来、2度目の出演。6万人以上を占ってきた統計に基づき、自ら開発したオリジナル占術「五星三心占い」で2組4人の女性たちを占っていく。

 最初に現れたのは、スナックを経営する29歳の女性とその母親で59歳の主婦。早速、娘の恋愛遍歴や健康面の悩みなどを次々と言い当てていくゲッターズ。あまりの的中率の高さに、母親が「すごい。全部LOCK-ON(的中)」と番組でおなじみのフレーズを口にし、娘から「お母さんが言わなくても、ちゃんと(画面にテロップが)出るから(笑)」とたしなめられる一幕も。やがて「主人が病気になってしまったので…」という母親のリクエストで占うことに。2人が今後すべきことを優しくアドバイスする。

 続いて、音大の先輩、後輩という31歳の女性2人。先輩に「お酒での失敗に注意」と忠告すると、想像以上の酒癖の悪さが露呈。後輩は極度の浪費家であることが発覚する。幸せな未来のためにあることをアドバイスする。

 その様子をスタジオで見守るフォーチュンウォッチャーの沢村一樹、水野美紀、みちょぱ(池田美優)の3人。水野はそれらのやりとりに「映画やドラマよりよっぽど泣けちゃう…」とまたも大粒の涙を流す。

 好評企画「リモート占い」は、木下レオンと星ひとみの2人の占い師が登場する。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細