脚本家・坂元裕二お礼が言いたくて石橋貴明と33年ぶり再会

坂元裕二がドキュメンタリー以外でテレビ初出演(C)フジテレビ
坂元裕二がドキュメンタリー以外でテレビ初出演(C)フジテレビ

 石橋貴明(58)がメーンパーソナリティーを務める「石橋、薪を焚べる」(火曜深夜、フジテレビ)。4日深夜0時40分からの放送は脚本家、坂元裕二(53)がゲスト出演する。

 坂元は1987年、「第1回フジテレビヤングシナリオ大賞」を19歳の若さで受賞。91年には「東京ラブストーリー」が大ヒットし、トレンディードラマだけでなく、その後は「Mother」(2010年、日テレ系)「それでも、生きてゆく」(11年、フジ系)「カルテット」(17年、TBS系)と各局で社会派系などの多岐にわたる脚本を手がけてきた。

 そんな坂元がテレビに出演するのはNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」(18年)以来2年ぶり。ドキュメンタリー番組以外の出演は初めてという。理由があった。

 「ここで断ったらお礼も言えないし、あまり何も考えずに出演の依頼を受けた」

 坂元は高校卒業後、就職も進学もせず、フリーターだった。18歳の少年が毎週楽しみにしていたのが、深夜のラジオ「とんねるずのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。とんねるずが大好きだった。

 19歳で脚本家の仲間入りを果たし、上京した坂元。ある日、フジドラマ制作のスタッフ(当時)に六本木の店に誘われた。すると、そこに石橋が現れた。33年前の出会いを懐かしそうに振り返る。

 番組では「脚本家は基本的に、つらい」「欲はない」など自身の内面を口にするが、楽しいと感じる瞬間や成し遂げてみたいことを語り始める。

 収録後、「六本木で深夜に30分ほど、本当に短い時間だったのに覚えていてくださったことには驚いた」と恐縮し、「石橋さんが場の雰囲気を作ってくださったので緊張はしなかった」と感謝した。

 キャンプという番組設定については「僕もキャンプは好きでよくやる。キャンプ場で焚き火をして飲むお酒やご飯は絶対においしいと思っているので、まだやったことのない人にはおすすめ。焚き火があると親しい空気が流れるし、気持ちよく話ができる」と終始楽しそうだった。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細