TBS番組に放送倫理違反 BPO、視聴者への裏切り

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は4日、スタッフが事前に準備した珍しい生物をその場で発見したかのように撮影したTBSのバラエティー番組「クレイジージャーニー」について、「放送倫理違反があった」とする意見を公表した。

 問題となったのは昨年8月14日の2時間スペシャルとレギュラー枠の放送で、珍しい生物を捕獲する「爬虫(はちゅう)類ハンター」がメキシコを旅する企画。検証委は番組で紹介された4種類について、スタッフが準備したものだったと認定し、「事前に準備した動物を用いて捕獲シーンを撮影することは、視聴者との間の約束を逸脱していたと言わざるを得ない」と判断した。

 TBSの調査では、過去10回の放送で捕獲した生物のうち、11種類が同様の手法で準備されていたことも判明し、番組は昨年10月に打ち切られた。

会員限定記事会員サービス詳細