中国発アプリの制限提言へ 自民議連、情報流出を懸念

インタビューに答える自民党の甘利明税調会長=6月3日、東京・永田町(酒巻俊介撮影)
インタビューに答える自民党の甘利明税調会長=6月3日、東京・永田町(酒巻俊介撮影)

 自民党「ルール形成戦略議員連盟」会長の甘利明元経済再生担当相は28日、中国企業が手掛け、若者に人気の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を念頭に中国発アプリの利用制限を政府に提言する考えを示した。

 国会内で28日に開かれた議連会合後、「想定しない形で個人情報や機微情報が漏れないよう、シミュレーションが必要だ」と記者団に述べた。