【動画】国立競技場から池江璃花子選手が世界へメッセージ「希望があるからこそ頑張れる」 東京五輪まで1年 - 産経ニュース

メインコンテンツ

動画

国立競技場から池江璃花子選手が世界へメッセージ「希望があるからこそ頑張れる」 東京五輪まで1年

【動画】国立競技場から池江璃花子選手が世界へメッセージ「希望があるからこそ頑張れる」 東京五輪まで1年
【動画】国立競技場から池江璃花子選手が世界へメッセージ「希望があるからこそ頑張れる」 東京五輪まで1年
その他の写真を見る (1/3枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった東京五輪は23日、開幕まで1年を迎えた。世界でウイルスの感染拡大が収まっていないことをふまえ、大会組織委員会はこの日、昨年のような大規模イベントは控え、メインスタジアムの国立競技場(東京都新宿区)で世界に向けたメッセージを発信するにとどめた。

 メッセージは1年後に行われる開会式が始まる午後8時に合わせて発信された。白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子選手(20)=ルネサンス=が登場。3月にギリシャで採火され、都内で保管されていた聖火のともったランタンを拾い上げると、約4分間、大会を目指す世界中のアスリートにエールを送るとともに、医療従事者や大会を支える人々に対する感謝や敬意を込めた言葉を紡いだ。

 コロナ禍で大会開催を不安視する声がくすぶる中、池江選手は「希望が遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても前を向いて頑張れる。私の場合、もう一度プールに戻りたい、その一心で辛い治療を乗り越えることができた」と語り掛け、「1年後のきょう、この場所で希望の炎が輝いていてほしい」と、アスリートの思いを代弁。池江選手が自ら出演するメッセージ動画も同時に公開された。

 池江選手は長期の入院生活を経て昨年12月に退院。2024年パリ五輪出場を目指している。大役を終えた池江選手は「役目を終えて戻るとき、いろんな感情がこみあげてきて涙が出てきた」と所属事務所を通じコメントした。