阪神は今季初の引き分け「悔しいけど負けなかった」

九回、同点の適時打を放つ阪神の近本=甲子園(中島信生撮影)
九回、同点の適時打を放つ阪神の近本=甲子園(中島信生撮影)

 阪神は1点を追う九回の土壇場に近本が右前に同点適時打を放って追いつき、延長戦の末、今季初の引き分け。九回にスアレスが逆転を許しても、負けないしぶとさが今のチームにはある。6カード連続の勝ち越しはお預けとなったが、矢野監督は「悔しいけど負けなかったところに意味がある」と話した。

 糸原が負傷交代し、1軍登録を外れることが濃厚。好調だった主将の離脱は大きな痛手だが、23日の試合では藤浪が今季初めて先発登板する。指揮官は「(藤浪)晋太郎が投げるんで、打線も早い回で援護してもらいたい。明日も全員で戦っていく」と力を込めた。

会員限定記事会員サービス詳細