横浜M、4得点で「横浜ダービー」制す

【サッカーJ1横浜F・マリノス対横浜FC】後半、チーム4点目となるゴールを決めたエジガルジュニオに飛びつく横浜M・遠藤渓太(奥)=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)
【サッカーJ1横浜F・マリノス対横浜FC】後半、チーム4点目となるゴールを決めたエジガルジュニオに飛びつく横浜M・遠藤渓太(奥)=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)

 サポーターが掲げた「俺達(おれたち)が横浜」という挑発的な横断幕の前で横浜Mが13年ぶりの「横浜ダービー」を制した。4得点の圧勝劇。「絶対に負けてはいけない相手にしっかり勝ててよかった」。1ゴール1アシストの遠藤は会心の笑みを浮かべた。

 序盤は押し込まれたが、直近3試合で9失点の守備陣が体を張って耐え抜く。後半に入ると、一転して、人もボールも目まぐるしく動かし攻勢に。2点をリードした後半20分の3点目は遠藤が決めた。ボールを受けた右サイドの水沼に相手の注意を引きつけると、すかさずスペースが空いたゴール前へマルコスジュニオールが突入。さらに遠いサイドに詰めた遠藤が頭でネットを揺らした。「ボールが来ることは分かっていた。触るだけだった」と遠藤。全員が同じ絵を描いてこその得点だった。

 連敗を2で止め、嫌な流れは断ち切った。昨季最優秀選手でエースの仲川がいまだノーゴールと王者に輝いた昨季の勢いがチームに完全に戻ったわけではない。「シーズンは長い。ここから全て勝つつもりで戦う」と遠藤。因縁の「横浜ダービー」での勝利を足がかりに上昇気流に乗るか。(五十嵐一)

会員限定記事会員サービス詳細