日銀、デジタル通貨グループ創設 検討作業を加速

日本銀行本店=東京都中央区(川口良介撮影)
日本銀行本店=東京都中央区(川口良介撮影)

 日本銀行は20日、現金に代わる決済手段「デジタル通貨」の発行に向けた検討作業を加速するため、決済機構局に「デジタル通貨グループ」を創設した。10人規模で、デジタル通貨が持つ利点や課題を研究する。グループ長には奥野聡雄決済機構局審議役が就いた。

 中央銀行が発行するデジタル通貨をめぐっては、17日に閣議決定された政府の経済財政運営の指針「骨太方針」で、「各国と連携しつつ検討を行う」と明記した。日銀は現時点で発行計画はないとの立場だが、将来の導入可能性は否定していない。今後、政府、日銀の検討が本格化しそうだ。

 デジタル通貨グループは、日銀が2月に設立したデジタル通貨の研究チームを改組した。日銀が欧州中央銀行(ECB)や英中銀などと共同で進めるデジタル通貨の研究も、新設するチームが担当する。