河井夫妻の保釈認めず 東京地裁 案里被告側は準抗告

(左から)河井克行被告、河井案里被告
(左から)河井克行被告、河井案里被告

東京地裁は15日、昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪で起訴された前法相で衆院議員、河井克行被告(57)=広島3区=と、妻で参院議員、案里被告(46)=広島選挙区=の保釈を認めない決定をした。口裏合わせなど証拠隠滅の可能性が高いと判断したもようだ。案里被告の弁護人は同日、決定を不服として準抗告したが棄却された。

関係者によると、夫妻は起訴内容を否認し、克行被告は現金配布の大半を認めた上で「買収の意図はない」と話しているという。克行被告は検察当局から選挙運動全体を取り仕切った総括主宰者と認定され、候補者本人である案里被告とともに、東京地裁で開かれる「百日裁判」で迅速に審理される。

起訴状によると、克行被告は昨年3月下旬~8月上旬、参院選で案里被告を当選させるため、票の取りまとめを依頼した報酬などとして、地元議員ら100人に計約2900万円を渡したとしている。案里被告もうち5人分の計170万円分を克行被告と共謀して渡すなどしたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細