正論

米国の「反警察」運動が抱える虚実 福井県立大学教授・島田洋一

アメリカのミネアポリスで、黒人男性が亡くなったことに抗議するデモの参加者=5月(ゲッティ=共同)
アメリカのミネアポリスで、黒人男性が亡くなったことに抗議するデモの参加者=5月(ゲッティ=共同)

「アメリカこそ黒人がひどく差別され、警察の暴力が横行する非人権国家だ」。ウイグルでの弾圧や香港「警察」の暴力が問題にされるたび、決まって中国共産党政権(以下中共)が用いる反撃セリフである。

≪実態を把握する必要がある≫

こうしたプロパガンダに自由主義陣営が動揺するならば、中共の思うつぼである。米国における「黒人の命は大事」運動(以下BLM)の実態を正確に把握する必要がある所以(ゆえん)である。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  2. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 「大山鳴動で何もなし」上等やんけ!

  3. 【正論】「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす エッセイスト動物行動学研究家・竹内久美子

  4. 【産経抄】1月20日

  5. 【主張】中国の北朝鮮擁護 暴走の利用は許されない

  6. 【正論】首相は「精神のインフラ」外交急げ 日本大学教授・先崎彰容

  7. 【浪速風】情報つなぐ命綱

  8. 【主張】蔓延防止措置拡大 社会経済活動の維持図れ

  9. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類

  10. 【主張】みずほ新体制 悪しき企業風土に決別を