検事総長に林氏 東京高検検事長は堺氏

林真琴氏(鴨川一也撮影)
林真琴氏(鴨川一也撮影)

 政府は14日の閣議で、検事総長に林真琴東京高検検事長を充てる人事を決めた。稲田伸夫検事総長は退官する。東京高検検事長には堺徹次長検事、次長検事には落合義和最高検刑事部長をそれぞれ起用する。発令はいずれも17日付。

 【検事総長】

 林真琴氏(はやし・まこと)東大卒。昭和58年検事。名古屋高検検事長を経て今年5月から東京高検検事長。62歳。愛知県出身。

 【東京高検検事長】

 堺徹氏(さかい・とおる)東大卒。昭和59年検事。仙台高検検事長を経て平成30年7月から次長検事。61歳。和歌山県出身。

 【次長検事】

 落合義和氏(おちあい・よしかず)東大卒。昭和61年検事。さいたま地検検事正を経て平成30年2月から最高検刑事部長。60歳。北海道出身。

会員限定記事会員サービス詳細