参院予算委、16日に集中審議で合意 新型コロナ対応などテーマ 

 与野党は14日の参院予算委員会理事懇談会で、16日に新型コロナウイルス対応などをテーマに集中審議を開くことで合意した。西村康稔経済再生担当相が出席し、政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長らを参考人として招く。

 理事懇では、野党側は西村氏に加え、麻生太郎副総理兼財務相の出席なども求めた。衆院予算委は15日に閉会中審査を開催することで合意している。