速報

速報

ヤクルト、20年ぶり6度目の日本一

いきもの語り

入院中の子供を癒す「ファシリティードッグ」アイビー

 ある男児は睡眠薬を使った治療を受ける際、アイビーにもベッドに上がってもらい、背中を合わせて眠ることで「ドキドキが収まる」という。

 また、歯科との協力で、歯磨きが苦手な子供のために、アイビーが歯磨きされる様子を見せたこともある。歯磨きが嫌いだった別の男児も、アイビーを前にすると「僕もできるもん」と歯磨きをするようになったという。

 「アイビーは頭がよくて、真面目。子供が泣いていると心配になり、子供に背中を押し付けて、様子を感じているみたい」。大橋さんはそう語る。

 × × × 

 国内でファシリティードッグの普及に取り組むNPO法人「シャイン・オン・キッズ」(中央区)によると、国内で活躍しているのは、アイビーが働く同医療センターの他には、静岡県と神奈川県の子供病院2カ所に2匹のみ。病棟に動物を入れることへの理解が進んでいないのが現状だ。

 だが、ファシリティードッグは病棟に入る前後に体を除菌シートで拭くことで感染を防止したり、繁殖の段階から厳格に管理されていたりと、感染症対策や安全面では細心の注意が払われている。

 大橋さんはハンドラーとしてのやりがいをこう語る。

 「子供が病棟でアイビーを見たときの、にこっとした笑顔が格別。付き添いで疲れているご家族も、いい笑顔になる」

 (橘川玲奈)