元国会議員秘書に300万円 最高額、逮捕容疑に追加 河井夫妻公選法違反事件

(左から)河井克行被告、河井案里被告
(左から)河井克行被告、河井案里被告

昨年7月の参院選広島選挙区をめぐり、地元議員ら100人に現金約2900万円を配ったとして、公選法違反の罪で前法相で衆院議員、河井克行被告(57)=広島3区=と、妻で参院議員、案里被告(46)=広島選挙区=が起訴された事件で、東京地検特捜部が元国会議員秘書の男性に対する300万円の配布を起訴段階で追加していたことが10日、関係者への取材で分かった。100人のうち最高額の受領者となる。

夫妻は94人に計約2570万円を配ったとして逮捕されたが、起訴時に特捜部など検察当局は6人に対する320万円超を追加。関係者によると、元国会議員秘書の男性に克行被告が2回にわたり、計300万円を手渡したという。

関係者によると、この男性がさらに別の人物に現金を配布した可能性もあるという。

会員限定記事会員サービス詳細