現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

露改憲と平和条約締結の「疑似餌」 青学・新潟県立大学名誉教授 袴田茂樹

3日、モスクワ郊外の公邸でテレビ会議に出席するロシアのプーチン大統領(ロシア大統領府提供・タス=共同)
3日、モスクワ郊外の公邸でテレビ会議に出席するロシアのプーチン大統領(ロシア大統領府提供・タス=共同)

ロシアは改憲で、プーチン大統領の長期政権を可能とし、愛国主義高揚策も強めた。新憲法で日本に直接関わるのは「領土の割譲禁止」と「国境画定作業」の条文である。今年2月、大統領は改憲作業班との会見の際、以下の修正案を述べた。「領土の割譲に関して私は割譲禁止提案に完全に同意する。ただ一つ問題は、それが、外務省が今後行う国境画定の作業を妨げない表現にすることだ。そのような作業は多くの国々と、特に旧ソ連の国々と行われている」

歴史の独断的歪曲許すな

では北方領土問題の解決は、露領土の割譲なのか、それとも国境画定なのか。サハリン州は領土割譲禁止に該当と理解して、早速国後島に改憲記念碑を建てた。一方国境画定は、露側が国境の未画定を認めることだ。実は大統領自身、2005年までは4島の帰属が決まっていない、すなわち国境が決まっていないことを認めていた。したがって彼は日本首相と署名したイルクーツク声明(01年)や日露行動計画(03年)で、「4島の帰属問題を解決して平和条約を締結する」とした東京宣言(1993年)に同意した。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】藤子不二雄(A) 氏が描いた社会の闇に迫れ 同志社大教授・佐伯順子

  2. 【産経抄】5月22日

  3. 【主張】米韓首脳会談 北非核化へ攻勢に転じよ

  4. 【主張】子供とスポーツ 体動かす環境大人が守れ

  5. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  6. 【朝晴れエッセー】使い込んだシャトル・5月22日

  7. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  8. 【主張】ソロモン諸島 中国の軍事進出許されぬ

  9. 【主張】部活指導の暴力 外部の目が届く仕組みを

  10. 【日曜に書く】選挙時期に連呼される「お訴えさせていただきたい」に違和感覚えませんか? 論説委員・山上直子

会員限定記事