吉田正、今季初の4安打 オリックス3連勝に導く

七回に2点本塁打を放つオリックスの吉田正=京セラ(岡田茂撮影)
七回に2点本塁打を放つオリックスの吉田正=京セラ(岡田茂撮影)

 得点力向上を目指すチームに光明が差してきた。オリックスの吉田正が今季初の4安打をマーク。4点リードの七回2死一塁、金子の浮いた球を見逃さず、試合を決定付ける一発を右中間席へ。「しっかりと強く、自分のスイングができた」と自画自賛した。

 この日は一回に右前打。三回は左前打を放って好機を広げ、五回にも左前打。状況に応じて強い打球を広角に打ち分ける吉田正らしい打撃で牽引(けんいん)した。

 自主練習期間はウエートトレーニングなどを工夫し打球の速度アップを重視してきた。開幕当初は安打が出ず、打率は一時1割台にもなったが、「いいときも悪いときもある」と一喜一憂せずに試合に集中し、3割8分3厘まで上げてきた。チームは今季初の3連勝。「1勝1勝を積み重ねてまずはイーブンに。そこからが勝負」。不動の3番は静かに闘志を燃やした。(嶋田知加子)

会員限定記事会員サービス詳細