SF漫画の傑作「攻殻機動隊」がVR能に 最先端技術と最古の演劇が融合(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

SF漫画の傑作「攻殻機動隊」がVR能に 最先端技術と最古の演劇が融合

 通常、能に演出家はいない。しかし奥や福地教授ら年齢が近く、普段接することのないクリエイターらとアイデアを出し合い、創作する過程そのものが、互いの刺激になっている。

海外発信も視野に

 奥が29年から始めた3D能は、シンガポールやイタリアなど海外でも好評を博した。2018年には日仏友好160周年記念のイベント「ジャポニスム2018」の一環で、天皇陛下(当時、皇太子)とマクロン大統領が臨席し、ベルサイユ宮殿で上演されるに至った。

 「海外のお客さまは、立体映像のアトラクション感も含め、3D能をすごく喜んでくださった。進化したVR能も、日本文化への一つの入り口になればいいと思う。能は知れば知るほど面白い。日本人として、僕なりの形で能をやっていきたい。『攻殻機動隊』は海外でもよく知られていますし、海外でぜひ上演したい」

 日本文化と最先端技術を楽しんで体験できるVR能で、若き才能はやはり海外発信を視野に入れている。

 公演は8月22、23の両日、東京・世田谷パブリックシアター。問い合わせは0120・240・540。公式サイトはhttp://ghostintheshellvrnoh.com/。