新名神高速で追突死亡事故、49歳トラック運転手逮捕

 27日午前4時20分ごろ、神戸市北区の新名神高速道路下り線で、大型トラックが乗用車に追突し、乗用車を運転していた60歳くらいの男性が搬送先の病院で死亡した。兵庫県警高速隊は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、トラックを運転していた会社員、弥栄(みえ)和行容疑者(49)=神奈川県藤沢市=を現行犯逮捕。調べに対し「ぼーっとして前を見ていなかった」と話しており、県警は容疑を過失致死に切り替えて調べている。

 県警によると、現場は片側2車線の直線道路。走行車線を走っていた弥栄容疑者のトラックが乗用車に追突し、弾みで乗用車が前方の別の大型トラックや側壁に衝突した。弥栄容疑者は東京から岡山に荷物を運ぶ途中だったという。

会員限定記事会員サービス詳細