九州南部で猛烈な雨の恐れ 前線停滞、関東甲信も

九州南部で猛烈な雨の恐れ 前線停滞、関東甲信も
九州南部で猛烈な雨の恐れ 前線停滞、関東甲信も
その他の写真を見る (1/3枚)

 西日本で28日昼前にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降るとして、気象庁は27日、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けた。特に九州南部では局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れがある。関東甲信も28日未明から29日明け方にかけて30~50ミリの激しい雨が降るとみられる。

 気象庁によると、梅雨前線は28日にかけて九州から東日本太平洋側に停滞する。暖かく湿った空気が流れ込んで活動が活発化し、大気の状態が非常に不安定になりそうだ。

 28日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で九州南部250ミリ、四国、九州北部180ミリ、関東甲信120ミリ。27日は九州に発達した雨雲がかかり、各地で大雨となった。福岡県久留米市では午前8時3分までの1時間に92・5ミリの降水量を観測し、観測史上の最大値を更新した。

会員限定記事会員サービス詳細