日本ハム・大田、先制弾含む3打点 「自分のスイングができた」

5回、適時打を放つ日本ハム・大田泰示=楽天生命パーク(土谷創造撮影)
5回、適時打を放つ日本ハム・大田泰示=楽天生命パーク(土谷創造撮影)

 日本ハムの大田が先制アーチを含む2安打3打点で勝利を呼んだ。一回1死で塩見の肩口へのスライダーをたたき切るように振り抜くと、高々と上がった打球は左翼席への2号ソロとなり「1打席目から甘い球に対して、しっかり自分のスイングができたので良かった」とうなずいた。

 3-1の五回2死二、三塁では代わったばかりの宋家豪から2点適時打を放ち、試合の流れをものにした。追い込まれながら外角に逃げるスライダーに、手首を返すようにコツンと当てて中前へはじき返し「変化球にしっかりと我慢して安打を打てて良かった」と満足そうに振り返った。

会員限定記事会員サービス詳細