巨人・坂本、今季1号2ラン 「個人の記録よりもチームの優勝」

 5回巨人1死一塁、坂本が左中間に逆転2ランを放つ。捕手坂倉=東京ドーム
 5回巨人1死一塁、坂本が左中間に逆転2ランを放つ。捕手坂倉=東京ドーム

 巨人の坂本が今季初本塁打となる2ランを放った。1-2の五回1死一塁で、1ボールから遠藤のスライダーを左中間席中段へ運び「甘い球を一振りで仕留めることができたので良かった」と手応えを語った。

 三回2死では直球を逆方向の右翼線へはじき返し、プロ野球44人目の通算350二塁打を達成した。31歳6カ月での達成は東京(現ロッテ)の榎本の31歳5カ月に次ぐ史上2位の若さ。「これからもチームのために打ちたい。個人の記録よりもチームの優勝に貢献したい」と殊勝に語った。

 開幕から6試合で8安打を放ち、通算2千安打にもあと108本に迫った。開幕直前に新型コロナウイルス感染が判明して10日間の入院を強いられたが、その影響を全く感じさせず、順調に安打を積み重ねている。

会員限定記事会員サービス詳細