緊急事態宣言解除1カ月、東京都の感染高止まり 全国の過半数(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

緊急事態宣言解除1カ月、東京都の感染高止まり 全国の過半数

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の全面解除から25日で1カ月がたち、この間の東京都の感染者数は788人に上り、約1500人だった全国合計の過半数を占める。24日に解除後最多となる55人、25日にも48人で高止まり状態が続く。「夜の街」関連以外に職場内のクラスター(感染者集団)という新たな問題も発覚。隣接する埼玉県も増加傾向がみられ、通勤などに伴う感染の広がりの恐れがあり、警戒感が高まっている。

 都内の25日の感染者48人のうち7人は集団検査を行ったホストクラブの従業員。24日にも別の2店舗で12人の感染者が出た。新宿エリアでは今月に入り、この3店舗を含む8店舗で集団検査が実施され、計80人の感染者が確認された。

 夜の街関連では感染経路不明の中にもホストクラブやキャバクラの従業員らが散見。ホストクラブが協力的な一方、キャバクラでは集団検査が進んでいない。「夜の街の女性たちは昼の仕事を兼務していることがあり、夜の街を飛び越え、感染が広がっていないかという不安はぬぐえない」。都関係者はこう指摘する。

 クラスターが発生した職場では計16人の感染を確認。他県で判明した年齢不明の2人を除く14人が20代だった。同じフロアで事務仕事をしているが、複数で飲み会を開くなどしており、職場と夜の街双方が感染経路とみられる。他にも20~30代の感染者には、会社の同僚や感染者と会食したケースが目立つ。