山口FG、AIでレノファ後押し 試合分析システムを共同開発

試合分析システムを共同開発する山口FGの吉村猛社長(右から2人目)とレノファ山口の霜田正浩監督(同3人目)ら
試合分析システムを共同開発する山口FGの吉村猛社長(右から2人目)とレノファ山口の霜田正浩監督(同3人目)ら

 山口フィナンシャルグループ(FG)とサッカーJ2のレノファ山口FCなどは22日、人工知能(AI)を活用し、効率的に試合分析するシステムを共同開発すると発表した。データを駆使してチーム戦術の強化を図る狙いで、最新のAI技術がJ1昇格を後押しする。

 システム開発は、福岡市のベンチャー企業「Fusic」が中核を担う。レノファ山口と検討を重ね、チームの戦術に合わせたオリジナルのシステムを作り上げる。

 レノファ山口の霜田正浩監督は山口県下関市内で記者会見し、「オーダーメードの分析システムは世界的にも珍しい。選手により分かりやすく戦術を伝え、勝つ確率を高めていきたい」と期待する。

 システムは、独自に撮影した試合映像をAIを使って自動的にアニメーション化。アニメーション化された映像はボールや選手のピッチ上の位置だけでなく、選手がどの方向を向いているかも可視化し、選手同士の距離感なども数値化できる。AIにはチーム戦術を記憶させ、試合中の場面ごとに、戦術通りのプレーができているか分析する。

 すでに試作品は完成しており、リーグ戦が再開される27日のファジアーノ岡山戦から導入されるという。今後は、実証実験を重ねて改良を進めていく。